日本車が海外でも信頼性が高い理由

日本車は海外でもよく売れていますよね。
その一例が「トヨタ」です。

トヨタは世界的に見ても1位2位の販売台数を誇っている、日本の大きな自動車メーカーです。
それではなぜ日本車は海外でも信頼性が高いのでしょうか?それは「ブランドイメージ」があるからです。

日本は「他の国のものを買う」という貿易の基本とも言えることをしながらも、「それを研究、改良して更に良いものを世の中に売り出してきた」というイメージが世界的についています。
加工貿易の国日本だからこそできた技ですね。

こういった一つひとつの改良、日本人のイメージたる「勤勉さ」からくる緻密な計算、こういったイメージが重なりあって「日本の車は信頼できる」という結論に至っているのだと思います。
また、日本車は比較的トラブルが少なく、「故障しにくい」という事実もあります。

しっかりとした品質管理から生まれる日本車は、全世界の様々な道を走ることが出来るように、安全設計の果てに至るまでしっかりと考えられているのです。
こういったブランドイメージや着実な努力が実り、日本車は海外でも信頼を得ているのです。

車の買い替えで車を売ったお話

いつもお世話になっている車屋さんに、なにかの用事で家族揃って行きました。
用事を済ませて、担当者のお兄さんと話していると、新しい車が出たので見て帰ってくださいって言われました。
ワンボックスの新しいタイプで、座席の座り心地の良さだとか、スライドドアの開閉のしやすさだとか、新しいタイプのナビだとか、すごく気に入ってしまいました。

その時セダンになっていましたが、実は子供が生まれたばかりで、遠出も増えるだろうしと言って、車の買い替えを考えているところでした。
その場でボソボソ主人と相談して「見積もりしてもらう?」という話になって、その場で見積もりしてもらいました。
ちょっと高額だったので、すごくすごく迷いましたが、その時乗っていたセダンと入れ替えして、金額を差し引きしてもらうことにしました。
その時の買取店からの電話はこのサイトに書いてある通りでした。

かなり頑張って値引きしてくれたので、主人と二人で購入決定しました。
家の購入の次に大きな買い物だったので、すごく緊張をしたことを覚えています。
その時乗っていたセダンも、とても気に入っている車だったので、入れ替えで我が家から去るのは寂しかったのです。

それでも新しいワンボックスが我が家に来たので、セダンは大事な思い出の車になりました。

車を運転するということ

最近私は自動車免許を取得しました。
最近取得したといっても3月の中旬頃に取得しましが。

その時は卒業検定で合格をしていたので、学科の試験のみという状況でした。
この時私は仮免を取得してから半年以上経っていたので学科の内容を覚えておらず、試験問題をみたときに専門的な問題が記載されていた問題は全然わからないという状況でした。

しかし、その試験にはなんとか合格し、免許を取得できました。
免許を取得したというものの正直に言ってしまえば、最後に車を運転したのは一年以上も前の話になってしまったので、おそらく、今この瞬間車を運転してと言われたとしても運転することはできないと思います。

なので正直に言ってしまえばペーパードライバーです。
また、私自身がそこまで車を運転したいというような願望もないので、このままではこれから先も自分から率先して車でドライブに行ったり、車を使った外出もしないかもしれません。

最近になって私も少々やばいように感じてきているので、そろそろ運転をしようとも思っています。
また、私自身車自体は欲しいと考えているので、例え購入したとしても運転できなければ意味がないので今のうちに練習しておくように心掛けていきたいと思います。

車の販売店の担当に不満

エコカー減税が行われた年の1月に、エコカーを購入しました。
エコカー減税がはじまったのがその年の3月か4月でした。

だからもう少しあとに買ったら、購入時の金額がかなり安くなったらしいのです。
当然、車の販売をしている会社ならそのことを知っていたと思うんですよね。

なんで言ってくれなかったの?ってエコカー減税が始まった時に思いました。
だったらもう2ヶ月くらい待ったのに、すごく損をした気分です。

それに、その担当者は仕事は普通にやってくれたのでいいんですが、なんか態度がえらそうというかなれなれしいところがいやです。
担当がたまに家にくるんですが、家族にはいないっていってくれと言ってあります。

するとこなくなりました。
他店で車を買った時は、担当者は爽やかな方で余計なことは言わないし感じがよかったです。

私はあまり人に対して期待しない方です。
だから、私がいやな感じがしたと思った人はたいていの人が不快に思うと思います。

あとで車や担当者についてのアンケートが届いたんですが、その時は普通によかったように無難に書きました。
その自動車会社は好きだし、車も気に入っているのでまたその店で車を買うかもしれません。

そうしたら、違う担当者に担当になってほしいです。

妊娠中のシートベルトの仕方

妊娠中のシートベルトの仕方について悩んだことのある方もいると思います。
妊娠初期ならまだしも、後期ともなればせり出したおなかにシートベルトをすることなどできるのでしょうか。

ちなみに現在の日本の法律では、妊娠中の場合シートベルトの着用は義務付けられていません。
じゃあ安心だ、つけなければ良いのだと思った人もいるかもしれませんがそれは早計です。

妊娠中はシートベルトをつけないほうがいいのかというと、そういうわけでもないからです。
実際のデータを見ると、シートベルトを着用していた場合の方がおなかの赤ちゃんの死亡率は低くなっています。

では妊娠中はどのようにシートベルトをつければ良いのでしょう。
コツはシートベルトがおなかの上に乗らないようにすることです。

腰に位置するベルトは腰骨と足の付け根から回しておなかを避けるように、肩に位置するベルトは胸の間を通して脇にぬけるようにします。
それでもきつければシートベルトの締め付けや圧迫を軽減するストッパーを使用するのも良いでしょう。

あまりにゆるくしなければ付け心地を良くする意味で効果的です。
またマタニティシートベルトという妊娠中専用の商品も存在するようです。

日本車が海外で評価が高い訳

日本の車が海外で高い評価を受けている背景には、信頼性。
と言う言葉が真っ先にくるようです。

信頼性すなわち壊れにくいという事です。
日本の車メーカーはいくつもあり、それぞれに得意な分野を持っていますが、どのメーカーにも言えることは壊れにくい車であると言う点です。

日本で日本車を乗り続けている人にとっては、あまり感じないことかもしれませんが、定期点検の案内が来るまで何の問題もなく走り続けられるという事が、海外の車には珍し事なのです。
電気系統の不備や、小さな部品の不備など、大きな事故にはつながらなくても、ちょっとした不具合と言うものが多いのが海外の車です。

しかし、日本車はそういったことが極端に少なく、海外でもその信頼性の高さは大きく評価されているのです。
高い信頼性を生み出しているのは、丁寧なものづくりを心がける日本人の気質であったり、探究心のたまものでしょう。

日本車が海外で評価されているという事は、日本人だからこそ出来る車づくりと言うもの自体が評価れているのだと思います。
日本のものが世界で評価されるというのは、日本人として胸を張れることですね。