日本車が海外でも信頼性が高い理由

日本車は海外でもよく売れていますよね。
その一例が「トヨタ」です。

トヨタは世界的に見ても1位2位の販売台数を誇っている、日本の大きな自動車メーカーです。
それではなぜ日本車は海外でも信頼性が高いのでしょうか?それは「ブランドイメージ」があるからです。

日本は「他の国のものを買う」という貿易の基本とも言えることをしながらも、「それを研究、改良して更に良いものを世の中に売り出してきた」というイメージが世界的についています。
加工貿易の国日本だからこそできた技ですね。

こういった一つひとつの改良、日本人のイメージたる「勤勉さ」からくる緻密な計算、こういったイメージが重なりあって「日本の車は信頼できる」という結論に至っているのだと思います。
また、日本車は比較的トラブルが少なく、「故障しにくい」という事実もあります。

しっかりとした品質管理から生まれる日本車は、全世界の様々な道を走ることが出来るように、安全設計の果てに至るまでしっかりと考えられているのです。
こういったブランドイメージや着実な努力が実り、日本車は海外でも信頼を得ているのです。

車の買い替えで車を売ったお話

いつもお世話になっている車屋さんに、なにかの用事で家族揃って行きました。
用事を済ませて、担当者のお兄さんと話していると、新しい車が出たので見て帰ってくださいって言われました。
ワンボックスの新しいタイプで、座席の座り心地の良さだとか、スライドドアの開閉のしやすさだとか、新しいタイプのナビだとか、すごく気に入ってしまいました。

その時セダンになっていましたが、実は子供が生まれたばかりで、遠出も増えるだろうしと言って、車の買い替えを考えているところでした。
その場でボソボソ主人と相談して「見積もりしてもらう?」という話になって、その場で見積もりしてもらいました。
ちょっと高額だったので、すごくすごく迷いましたが、その時乗っていたセダンと入れ替えして、金額を差し引きしてもらうことにしました。
その時の買取店からの電話はこのサイトに書いてある通りでした。

かなり頑張って値引きしてくれたので、主人と二人で購入決定しました。
家の購入の次に大きな買い物だったので、すごく緊張をしたことを覚えています。
その時乗っていたセダンも、とても気に入っている車だったので、入れ替えで我が家から去るのは寂しかったのです。

それでも新しいワンボックスが我が家に来たので、セダンは大事な思い出の車になりました。