妊娠中のシートベルトの仕方

妊娠中のシートベルトの仕方について悩んだことのある方もいると思います。
妊娠初期ならまだしも、後期ともなればせり出したおなかにシートベルトをすることなどできるのでしょうか。

ちなみに現在の日本の法律では、妊娠中の場合シートベルトの着用は義務付けられていません。
じゃあ安心だ、つけなければ良いのだと思った人もいるかもしれませんがそれは早計です。

妊娠中はシートベルトをつけないほうがいいのかというと、そういうわけでもないからです。
実際のデータを見ると、シートベルトを着用していた場合の方がおなかの赤ちゃんの死亡率は低くなっています。

では妊娠中はどのようにシートベルトをつければ良いのでしょう。
コツはシートベルトがおなかの上に乗らないようにすることです。

腰に位置するベルトは腰骨と足の付け根から回しておなかを避けるように、肩に位置するベルトは胸の間を通して脇にぬけるようにします。
それでもきつければシートベルトの締め付けや圧迫を軽減するストッパーを使用するのも良いでしょう。

あまりにゆるくしなければ付け心地を良くする意味で効果的です。
またマタニティシートベルトという妊娠中専用の商品も存在するようです。

日本車が海外で評価が高い訳

日本の車が海外で高い評価を受けている背景には、信頼性。
と言う言葉が真っ先にくるようです。

信頼性すなわち壊れにくいという事です。
日本の車メーカーはいくつもあり、それぞれに得意な分野を持っていますが、どのメーカーにも言えることは壊れにくい車であると言う点です。

日本で日本車を乗り続けている人にとっては、あまり感じないことかもしれませんが、定期点検の案内が来るまで何の問題もなく走り続けられるという事が、海外の車には珍し事なのです。
電気系統の不備や、小さな部品の不備など、大きな事故にはつながらなくても、ちょっとした不具合と言うものが多いのが海外の車です。

しかし、日本車はそういったことが極端に少なく、海外でもその信頼性の高さは大きく評価されているのです。
高い信頼性を生み出しているのは、丁寧なものづくりを心がける日本人の気質であったり、探究心のたまものでしょう。

日本車が海外で評価されているという事は、日本人だからこそ出来る車づくりと言うもの自体が評価れているのだと思います。
日本のものが世界で評価されるというのは、日本人として胸を張れることですね。

日本車が海外でも信頼性が高い理由

日本車は海外でもよく売れていますよね。
その一例が「トヨタ」です。

トヨタは世界的に見ても1位2位の販売台数を誇っている、日本の大きな自動車メーカーです。
それではなぜ日本車は海外でも信頼性が高いのでしょうか?それは「ブランドイメージ」があるからです。

日本は「他の国のものを買う」という貿易の基本とも言えることをしながらも、「それを研究、改良して更に良いものを世の中に売り出してきた」というイメージが世界的についています。
加工貿易の国日本だからこそできた技ですね。

こういった一つひとつの改良、日本人のイメージたる「勤勉さ」からくる緻密な計算、こういったイメージが重なりあって「日本の車は信頼できる」という結論に至っているのだと思います。
また、日本車は比較的トラブルが少なく、「故障しにくい」という事実もあります。

しっかりとした品質管理から生まれる日本車は、全世界の様々な道を走ることが出来るように、安全設計の果てに至るまでしっかりと考えられているのです。
こういったブランドイメージや着実な努力が実り、日本車は海外でも信頼を得ているのです。

三菱のサイト

正直、三菱自体あまり注目をしていませんでした。ですが、思った以上にいい車があるなという感想をもちました。
特に外見のデザインがいい車が多いのです。今はどこの車もそう大差がないので選ぶのも大変なのですが、ここは独特の雰囲気を持った車が多いと思います。あの感じは三菱だね、とマークを見なくても初心者にわかるような見た目の車が多いのはいいことだと思います。それだけ印象に残りますから。
ですが、サイトの作り方に問題があるように思えます。見やすいです。サイト自体はとても見やすいのですが、どうしてか一番知りたい部分の画像がないことが多いです。内装の、どういったところに収納スペースがあるのか、フロント部分はどうなっているのか、このカラーを選んだらこうなる、といった細かいところにまだ手が届いていないなと思いました。
そこまでサイトで見る人は少ないかもしれませんが、思いっきり見る側の印象に残したいのなら、一台ごとに細かい情報は載せるべきかなと。車自体に問題はないので、見せ方を工夫するだけで違うと思います。三菱の車は好きですが、今はネットで収集する人が多いですから、サイトを工夫してください、と思いました。

アウトランダー

サイトには二種類の画像が掲載されています。私はカッパーメタリックが一番好きですね。見た目も少し違うのですが、こちらのほうが正面から見た車の顔が好きだなと思いました。
この三菱のサイトは、カラーをクリックしてもそれが正面やサイドからの画像が出てこないのです。これが意外と不便で、サイドからではなく、このカラーだったら内装はこうなる、といったところを見たいなと思いました。
室内空間も広々とつかえますし、非常に使い勝手がいい車だなと思いました。大きさ的には家族向けだと思いますが、遠出したり、荷物が多いときに対応できる車です。もう少しフロントの画像もサイトにほしいですね。デザインがいいだけに、内装の細部が画像でもっと見たいと思います。細部にこだわっている人は多いです。どういった収納スペースがあるのか、日産のサイトのように詳しく載せてくれないと、分かりにくいという印象を与えてしまいます。車の外見のデザインが好きなだけに残念に思いました。
このカッパーメタリックの色はとても好きです。こういった色は合うデザインの車が少ないのですが、このアウトランダーは似合っていると思います。大きい家族向けの車にはこういった色も似あうのだな、という発見になりました。

三菱自動車

正直今まで三菱に目を向けたことはなかったのですが、サイトを見る限り一台一台インパクトをつけて作っているなという印象です。名前は少し覚えづらいのですが、見た目がいいな、と思える車が多いです。普通の車とは違って、見た目でも印象をつけようと頑張っているのが分かります。数は少ないですが、サイトを見ても数より質で勝負しようというのが伝わってきます。
デリカはよく聞きますが、こんなに種類があるとは知りませんでした。コンパクトなBOXタイプはいいですね。見た目も少しレトロ感があって好きです。内装をもう少し力を入れてほしいなとは思いますが、シンプルさを求めている人には十分でしょう。シートも座りやすそうです。それにしても小回りがききそうなくらいのコンパクトさ。これといった特徴がない車でもあるのですが、どこかシンプルで引かれるような可愛らしさがあります。家族と一緒の写真が載っているので、家族向けでもあるのでしょう。コンパクトでありながらも広々と使えるように、余分な装飾はしていないといった感じです。正直他社のコンパクトカーと差がついているかといえば微妙ですが、決して候補からは外されないような良さはあると思います。